ジューンブライド(June bride)ってなに?

「6月のジューンブライドに結婚する花嫁さんは幸せになれる」そんな話は有名ですよね!6月に結婚式をした花嫁さんの中にも憧れていた人も多いのではないでしょうか。

目次

ジューンブライドの由来

ジューンブライドの起源は、神話時代の女神ユノ(ジュノー)が由来らしいです。

女神ユノが結婚の守護神であることから、6月に結婚するカップルは、女神ユノの加護を受け幸せになれると言われているそうです。

他にも

「ヨーロッパの気候や季節が結婚式に一番適した時期であったとされる説」

「ヨーロッパには農作業が忙しい3~5月は結婚できなく、解禁となる6月を心待ちにして、街中は祝福モードで幸せいっぱいの月とされていたそうです。」

日本ではいつから広まった?

日本では梅雨の時期に結婚をするカップルは少なく、ホテルや結婚式場は閑散としたものだったそうです。

そこでブライダル会社は閑散期の打開策として「6月に結婚すれば幸せになれる」と言われる女神ユノの話を広めます。その後、この話を聞いた日本人にジューンブライドが受け入れられ、6月に結婚式を挙げるカップルが多くなったらしいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次